羽絨介紹
羽絨介紹
首頁 > 羽絨介紹

羽毛(ダウン)を知る

通称羽毛は、水で泳いでも濡れない羽毛を指します。主にガチョウ、アヒルの羽根を指します。欧米日諸国では水鳥羽毛といい、泳ぐことができず、濡れる羽毛、たとえば鶏など陸鳥羽毛と区別します。
厳格に言うと、羽毛は二大タイプに分かれます:
つは羽根、葉状繊維体です。その成長部位によって、長さが違い、適度な弾力性があり、抗圧力が強いので、よく枕の材料にされます。もう一つはダウン、球状繊維体で、羽根の下層にあり、腹部と羽根の下の筋肉のそばで成長し、全身羽毛の8%しかありません。軽く弾力性もよく、最も理想的な服の材料です。

不思議なダウン

ガチョウ、アヒルなど水鳥は、夏に毛を刈る必要がなく、冬に水に入って餌をとるのに「濡れず」「寒がりません」、一年中、自由自在に戸外で生活できるのは、この体を覆うダウン(毛)のおかげ。ダウンとその他寝具材料が異なる特徴は以下の通りです:
1.「水鳥類」繊維の特殊な"立体状"は、その他自然繊維になく、大量の空気を貯め込み、体を温めることができます。
2.水鳥類はっ水力が優れています。繊維上無数気孔が吸湿排湿作用によって、自然な「さわやか」効果があります。
3.羽毛には気温変化に合わせた自然調節機能があり、「冬暖かく夏涼しい」効能があります。
4.油脂があって長持ちし、繊維が分解でき、無污染、環境保護問題がありません。

ダウンの保温特性

1.軽さ:
ダウンは球形繊維で、軽く、世界で最も軽い材質です。ダウンは伝統てきな掛布団の1/3の重さしかなく、心肺器官に圧迫感を生まず、全身の血液循環を促進できます。子供、妊婦、老人あるいは心臓病の患者にもっとも適しています。
2.保温性:
ダウン自身には千万個三角形nodesがあり、大量の空気を吸収でき、空気は熱の不良導体ですから、冷たい空気が入って体温が失われるのを防ぎます。ですから登山で使用する防寒服あるいは防寒寝袋の、詰め物はすべてダウンです。
3.湿度調節性:
人体は睡眠状態で、毎晩約170ccの水分を排出します。台湾は亜熱帯海島型気候で、相対湿度は82%~90%に達します。したがって一般の掛布団はしばらく使うと、湿気が溜まり、病原菌の温床になります。ダウンは人体が排出した湿気を素早く排出し、自動的に掛布団内の温度を調節し、冬暖かく夏涼しい効果を発揮します。リウマチ、関節炎、神経痛、湿疹など病気の発生を防ぎます。
4.発放性(弾力性):
弾力性係数はダウン製品の魂です。そこに保温、調温、吸湿、軽さなどの機能があります。同じ重量のダウン、棉、羊毛、合成繊維を使い、弾力性と保温の試験で、ダウンが最高でした。この実験によって、欧米日など先進国家ですでにダウンが最高の保温製品原料だと確認されています。
5.経済性と価値性:
ダウンは立体状の繊維が永遠に硬くならず、変形しません。ダウンふとんは、もしきちんと使用すれば、15年以上使用でき、とても経済的で、人生に必須の寝具です!

 

LOHAS概念

(Lifestyles of Health the and Sustainability) ロハスは健康、環境保護の概念です。ダウン製品はこの精神の生活態度に最も一致します。さらに具体的に地球を愛する実際行動を実践します。

1.炭素足跡:
ダウン製品はその他詰め物原料、たとえば化繊…などと比べ、炭素排出量がいちばん低いです。

2.生物分解
ダウン原料と純棉掛布団を合わせて使用する時、捨てた後すぐ分解されます。

3.保護地球資源
ダウン(毛)原料は畜産の副製品で、使用しない時、すぐ廃棄物として捨てられます。

4.エネルギー節約
よいダウン製品を使うと、その保温効果で空調の使用を減らせます。

5.軽量化
ダウンは世界で最も軽く、保温性が最もよい材質です。

6.天然製品
非化繊原料で、すべて水鳥からとれます。

7.再生使用
石化繊維はすべて再生できない石油から加工されますが、ダウン(毛) のもっとも大きな違いは再生して重複使用できることです。

8.安全性
生産過程で、高温殺菌乾燥によって、ダウンの清潔性を保証し、細菌を除去し、ダウンプルーフ生地を加え、その他化繊製品より細菌、ダニに抵抗性があります。

9.優れた保温性
もし1グラムを単位としてその他と詰め物原料と比べると、その保温効果はその他原料より優れています